今朝のいっぷく!オープニングニュースは

インフルエンザ予防に”魔法の合言葉”

『 あいうべ体操 』と呼ばれるおよそ3分間の顔の体操
ご紹介です!


『 あいうべ体操 』を数年前より取り入れ、
インフルエンザにかかる子供たちが激減したという
小学校があります。

インフルエンザの予防接種は、接種後、効果がでるまでに
2週間ほど、かかりますね?

今年は例年よりも、流行が早いといわれるインフルエンザ
すぐにできる簡単な、『 あいうべ体操 』を取り入れ
予防しましょう。


『 あいうべ体操 』でインフルエンザが激減!



innfuru34-1.jpg
引用元:いっぷく

福岡県の春日市 須玖小学校では、
2009年には、全校児童の40%近く、5人に2人が
インフルエンザにかかっていましたが
『 あいうべ体操 』を取り入れたことで、9.6%になったのです!

なんと、四分の一になったのだとか!


先生も、
「この体操を始めてから、爆発的にインフルエンザに罹る子供たちが
減った」といいます。


innfuru3-1.jpg
引用元:いっぷく

厚生労働省によると、今週1週間のインフルエンザ報告数は
全国で約1800人!


東京では、学級閉鎖も出ています。

東京文京区の森こどもクリニック
森 蘭子先生も、「今年は流行が早い」と言われます。


しかし、須玖小学校ではまだ、インフルエンザ感染者はゼロ。


では、インフルエンザ予防に効果抜群の
『 あいうべ体操 』のご紹介です。

『 あいうべ体操 』のやりかたは?



taisss-2.jpg
引用元:いっぷく


@「あ」
口をタテに大きく開き「あ〜」。

A「い」
口をヨコに大きく開き「い〜」。
首の筋がうく位にします。

B「う」
「う〜」と口を前につきだします。

C「べ〜」
思いっきり舌を出し、下に伸ばします。



この@〜Cの4つの動作を6秒くらいでやります。

そして、10回繰り返します。これで1セットです。


この1セットを、一日3回やります。

一度に3セットでなく、朝・昼・夜とか分けて
やっても、大丈夫だそう。

それにしても、なぜこの体操でインフルエンザ予防が
できるのでしょうか?

『あいうべ体操』がインフルエンザ予防に効果的わけは?



「あいうべ体操」考案
みらいクリニック
今井 一彰 院長  によると

「唾液の中には、リゾチームとかラクトフェリン
というような抗菌物質が含まれています。
口を動かすことによって、だ液の分泌が増え、
増えた唾液によって、ウイルスとかバクテリアが死んでしまうのです。」


唾液に含まれる成分
リゾチームとかラクトフェリンの働き

○ウイルスなどが付着しにくくする
○ウイルスなどを攻撃する

innfuru3466-1.jpg引用元:いっぷく

インフルエンザ予防に・・「あ・い・う・べ・体操

メリット@「唾液がでやすくなる」

唾液の抗菌・抗ウイルス作用で、インフルエンザウイルス
などを抑える。

特に「ベー」で 舌を突き出すことで
唾液がでやすくなります。


メリットA「口呼吸」⇒ 「鼻呼吸」へ

口呼吸の場合は、外のつめたい空気をそのまま
肺などに、取り込んでしまいます。

しかし、鼻呼吸だと、鼻のフィルターが空気中の菌や
ウイルスをブロックしてくれ、感染のリスクが減ります。

さらに、冷たい空気も鼻のフィルターをとおして、ゆっくりと
肺まで届くなかで、暖かくなります。

『あいうべ体操』を実践することで、
唾液がたくさん分泌され、結果的には免疫力アップに
結びつくというものなんです!


東邦大学看護学部
感染制御額  小林 先生によると

「口は、唾液などに含まれる成分によって、感染を防いでくれる
第一の関門。
インフルエンザウイルスは、上気道、鼻の奥から気道の部分に
つき、非常に感染しやすいウイルスですので、そこに、付きにくく
する成分を唾液が持っているのです。」と言われます。


また、この体操は、顔の筋肉を引き締める効果も
あるそうです!


毎日手軽にできる、『あいうべ体操』
ぜひ実践して、インフルエンザ予防をしたいものですね(*^-^)




スポンサードリンク

 カテゴリ