今日のまんぷくキッチんは


松岡昌宏さんの特別編でした。


子供のころからお料理をされていたというほど

お料理好きな松岡さん


プロ級の1品からパパッと簡単に作れるものまで

何でも得意なのだそうです!


松岡昌宏のスペシャル生クッキング





今日は2品ご紹介いただきました♪


一品めは、「松岡流トマたま炒め」


野菜が家にあまっていえるときは何でも卵と

炒めてOK!


トマトがはいると酸味があってとてもおいしくなります。



松岡流トマたま炒め



t-1.jpg
引用:いっぷく

[材料]4人分

・アスパラ     4本
・きぬさや     15枚
・トマト      2個
・卵        3〜4個
・オリーブ油    大さじ2
・コショウ     適量
・塩        適量

・きざみ海苔    適量
・めんつゆ     適量
・パルメザンチーズ 適量


[作り方]

1、アスパラを2p幅くらいにきります。
  絹さやは半分に、トマトはつぶしてもおいしい
  そうですが、今日は食べやすい大きさにきります。


3、フライパンにオリーブ油をいれ強火で熱します。 
  トマトからいためていき、次にアスパラを加えます。
 
  アスパラは食感を楽しみたいのであとから入れます。

  ここで、塩コショーで味付けます。コショーは大目
  
  にいれます。

3、この中に、溶いた卵を加えます。

  焼き方のポイントは半熟にということです。

  とろとろ感をのこして炒めるとできあがり♪

4、決め手になる味付けです。

  器に盛り付けてから、めんつゆ、刻みのりと粉チーズ
  
  をかけると出来上がりです♪

★☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆★

このレシピの由来は、

BSーTBS「吉田類の酒場放浪記」
だそうです。


その中ででてきた
これは居酒屋の裏メニューだとか。

普段から、自分で食べておいしいと思ったレシピとか
番組で見たものをやってみたものを作ってみるそうです。


松岡さんのところには、いろんな方が食事をしにくるそうで
最近では、草笛光子さんが来られるとか!

  

次に2品目のご紹介です。

安いマグロも極上に!松岡流昆布じめ



m-1.jpg
引用:いっぷく


マグロの昆布締めです。

鶏のささみや、牛肉、ほたて、エビなど

手巻き寿司などのあまった素材でいいそう。

材料もシンプルです♪


[材料]4人分

大丸2マグロ   1さく
大丸2昆布    25cm×15cm
大丸2塩     適量
大丸2酒     適量

[作り方]

1.まず、マグロを柵のまま湯引きします。

 鍋にお湯をわかし柵のままのマグロをいれ
 まわりが白くなる程度まで軽く湯引きします。

 ※お湯は沸騰していても大丈夫です。

2.マグロをお湯からあげ氷水でしめます。
 
 氷水からあげたマグロはキッチンペーパーで
 きれいにふきとります。

3.昆布をまな板にひろげ、キッチンペーパに酒
 を含ませて、軽く拭きます。

 昆布の上に、マグロを切ったものを並べていきます。


m-2.jpg
引用:いっぷく


4.マグロの上から塩をふり上からもう1枚の昆布でフタをします。
 上からかぶせる昆布も同じように、お酒で拭いておきます。


m-3.jpg
引用:いっぷく
 

6.ラップで包んで、冷蔵庫で約3時間ほどおくと出来上がりです♪
 
 寝かせる時間は、お好みでOKです。

★☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆★ 

松岡さんが家で作ったものをみなさんで試食♪


昆布締めにに使った昆布は刻んで食べてもOKですし、
ご飯を炊くときに一緒に入れてもOkです。


食べ方はそのままでもおいしいですし、
おしょうゆでも、ゆずコショウでも美味しく
いただけます。


お刺身用の魚だと何でも大丈夫のようなので
作ってみようと思います!

トマたま炒めもいいですね。

野菜と卵をいっしょに炒めることは
よくありますが、トマトは入れたこと
がなかってです。


味付けもめんつゆ+パルメザンチーズ+きざみネギは

予想外でしたがおいしそうですね。


これからは、トマトの季節なので、作ってみたいです♪




スポンサードリンク

 カテゴリ