材料を2つだけ使って作る絶品料理!



ミシュラン星獲得店の絶品和食や韓国の伝統的家庭料理

また、TV初公開シャ乱Qはたけさんのレシピも必見です!



目次------------------------------------------------------------


◎野菜ソムリエ・星野訓生さんの材料2つだけレシピ

・ゴボウとキャベツのバター蒸し
・雪見汁

◎ミシュラン星1つ「鮨 とかみ」佐藤博之さんの材料2つだけレシピ

・ブリの和風ロールキャベツ
・ホタテの琥珀揚げ


◎ミシュラン星2つの韓国料理「尹家」尹美月さんの材料2つだけレシピ

・キムチ サバ チョリム


◎シャ乱Qはたけさんの材料2つだけレシピ

・カキとリンゴのソテー
・サワラと大根のジンジャーエール煮


----------------------------------------------------------------

材料2つだけレシピ!冬に食べたいあったかおかずのご紹介です♪




2つだけレシピのルールは?


●調味料、薬味、水分などは除いた”食材2つだけ”で作る料理


●2つの食材のうち どちらか1つは”冬の旬食材”を使用



お一人目は野菜ソムリエの 星野 訓生さんの材料2つだけレシピ




数々のレシピコンテストで数多くの受賞をされている星野さん


はなまる初登場は 2011年9月30日

サケ料理選手権に 初登場で優勝


サケ+トマトのレシピでした。


◆ゴボウとキャベツのバター蒸し

11.jpg


[材料]2人分

・ゴボウ      1/2本
・キャベツ     1/3個
・酒        大さじ4
・バター      30g
・粉チーズ     大さじ1
・カツオだしの素(顆粒)小さじ1
・塩 少々
・コショウ      少々


[作り方]

1.ゴボウはうす切りにします。

2.ざく切りにしたキャベツをフライパンにしいたら
  スライスしたゴボウを重ならないようにのせます。


3.野菜の旨みを引き出すためのひと手間。お酒を入れます。

  火をつけて酒蒸しにするんですけど、お酒はキャベツの

  本来もっている甘みを引き出してくれます。


4、蓋をして、強火で1分、さらに弱火で4分蒸したら味付けです。

  バター、粉チーズ、顆粒出し、塩、コショウを加えていきます。

  最後にバターがキャベツとなじむようにしっかりと混ぜ合わせて

  出来上がりです。



◆雪見汁

112.jpg


[材料]2人分


・カツオだしの素(顆粒)   小さじ2
・水            500cc
・酢            小さじ2
・カリフラワー       1/4株
・大根           1/4本



[作り方]

1.顆粒出しを2倍の濃さになるように水で溶き鍋にいれ

  強火で沸騰させます。

そのあと、中火にしたら、調味料をいれます。


2、ポイント:お酢をいれます・・・お酢はカリフラワーの変色を

  防いでくれます。

  その中に一口大にきったカリフラワーを入れ1分ゆでたら、

  メレンゲのような白い大根おろしを汁ごと加えます。


3、沸騰しすぎないように気をつけながら、そのまま中火で1分間煮込めば

  やさしい雪見汁の完成です!



スタジオでの試食では、

”毎回 意外なくみ合わせで勉強になります”と岡江さん

「おいしい」と皆さん絶賛でした。

もう少し味を足したい場合はめんつゆなど入れてもいいそうです。




「鮨 とかみ」佐藤 博之さんの材料2つだけレシピ




昨年12月発売のミシュランガイド2014横浜湘南

で新たに1つ星を獲得した

「鮨 とかみ」

佐藤 博之さん


店主になって半年でミシュラン1つ星を獲得の快挙!


和食店が注目する新進気鋭の料理人です。


店のこだわりは、

酒粕を熟成させてつくる 赤酢で握る寿司です。


お寿司はすべてこのシャリを使っています。


コース料理 15000円〜

独創的な1品料理が魅力のお店です。






◆ブリの和風ロールキャベツ

鮨 とかみ 佐藤さんの1品目は

材料は2つキャベツ+ブリを使った

あったか あんかけ料理!本格和風レシピです


ブリの和風ロールキャベツ


21.jpg


[材料]2人分


・ブリ(切り身)   2切れ
・塩         少々
・キャベツ      2枚
・カツオだし     100cc
・海苔の佃煮     大さじ31/2
・水溶き片栗粉    適量



[作り方] 

1.ブリに塩をふり5分間おきます.

  ↑臭みと余分な水分がとれるひと手間です。


2、キャベツはしんなりするまでゆでたら、とりだして

  冷水につけておきます。


3.塩をふっておいたブリもキャベツをゆがいた鍋の湯に

  くぐらせ、キャベツをいれている冷水の中にいれます。


4、粗熱がとれたら、キャベツでブリを包みます。

  アルミホイルの上において、酒をかけて包みます。

5、フライパンに3分の一位の水位になるように水を入れ

  沸騰させます。

  その中にキャベツで包んだブリをいれて、蓋をして7分間煮込みます。

  お湯を沸騰させてフライパンに並べます。

 ※注意するのは、水の量・・ホイルの中に水が入らないようにフライパンの
 
 3分の一位の水分で蒸します。


6、蒸している間に、あん作りです。


 ・沸いただしに、海苔の佃煮をいれます。
  味がついていますので、そのままでおいしく海苔の
  風味が簡単に出せます。

 ・水溶き片栗粉を多めにいれて、しっかりとろみをつけるのが
  おいしいあんを作るコツです。

7、フライパンから出したキャベツに、あつあつのあんをかけ

  刻んだショウガをのせれば、ブリの和風ロールキャベツの

  出来上がりです。





◆ホタテの琥珀揚げ

212.jpg



琥珀揚げとは

葛(くず)を使った揚げもので琥珀色にに仕上がります。


琥珀揚げは本来、衣には葛を使いますが、

佐藤さんは意外な食材を衣に使います。



[材料]2人分

・ホタテ       4個
・塩         少々
・小麦粉       大さじ2
・チーズクラッカー  5枚
・卵白        適量



[作り方]


1.ホタテに塩をふって下味をつけ、ポリ袋にいれ

  それに、小麦粉を少し加えます。

  ポリ袋に空気を入れてふくらましてから

  軽くシェイクします。

  こうすると、小麦粉を少しの量でまんべんなく

  キレイにまぶすことができます。


2、最大のポイント:衣に使うのはチーズクラッカー

  チーズクラッカーを細かくだきます。


3、卵白をつけたホタテをチーズクラッカーの衣で

  まんべんなくつつみ、少し低めの温度150〜160℃の油で

  2分ほど揚げれば、外はサクサク中はジューシーな琥珀揚げの完成です。




ミシュラン星2つの韓国料理「尹家」尹美月さんの材料2つだけレシピ




次は 尹家(ユンケ) Ginza 尹美月さん


オープン半年で ミシュラン2つ星を獲得したという名店です。


本場の味がたのしめると評判のお店で

韓国の宮廷料理をベースにしたフルコースが

いただけます



寒いときには辛い物です。

カプサイシンが入っているとホカホカするのでオススメといいます。

サバときむちで作ります


◆キムチ・サバチョリム

31.jpg

チョリムとは、煮込むという意味だそうです。


[材料]2〜3人分

・しょう油      大さじ1
・ニンニク(おろし) 小さじ1
・砂糖        大さじ1
・ゴマ油       大さじ1
・キムチ       300g
・サバ(切り身)   3切れ
・昆布だし      100cc
・万能ネギ(みじん) 適量
・七味唐辛子     適量


[作り方]

1.味付けに使うたれ作りが重要です。

  ボールにしょう油をいれ、すりおろしたニンニク

  砂糖、ゴマ油をいれたら砂糖が溶けるまで

  しっかりと混ぜ合わせます。


2、次に食材を炒めていきます。

  フライパンにキムチをいれて、強火で軽く火を通します。

  ここで韓国料理ならではのテクニック!

  サバを青い部分(皮のほう)が下にくるようにのせます。

  
  ポイント:サバの皮目が下になるように置くと
       キムチの酸味が臭みをとってくれます。

       これは韓国の家庭料理の知恵だそうです。


3、サバをいれたら、フライパンに昆布だしを入れ、

  蓋をして強火で10分煮込みます。

  10分たったら弱火にし、サバにさきほどつくったタレを

  まんべんなくぬり、再び蓋をして強火で10分煮込みます。

  味と香りをサバの身にとじこませたら、ネギをまぶし七味唐辛子で

  辛さを調整すれば、辛さと酸味がマッチした、キムチ・サバチョリムの

  完成です。





スタジオでの試食では、

ホタテはさくさくとしっとりの間くらいで美味しい


琥珀揚げでチーズクラッカーを衣に使うというのは

和食にはおかきをまぶして揚げる調理法があり

それをヒントに考え付いたのだそうです。


ホタテのほかにも、エビやタラもあうそうです。



キムチ・サバチョリムの試食では、

薬丸さん「チョリム具合がいいですね^^」と


サバの代わりにさんまもオススメとのことです。

韓国では週に一度は食べるといわれていました。



シャ乱Qはたけさんの材料2つだけレシピ




シャ乱Qのはたけさんは

お料理が小学生のころから、大好きだったのだそう♪


クックパッドに投稿したところまたたく間に人気レシピに!

もっとも旬な料理上手として人気になっているのだそうです。


クックパッドには、みんなと感動を共有するのが好き

なので、投稿したそうです。



今日はTV初公開!自慢のレシピです。



1品目


◆カキとリンゴのソテー

s1.jpg


[材料]2人分

・リンゴ    1個
・白だし    大さじ1
・カキ     8個
・塩      適量
・小麦粉    適量
・バター    30g
・生クリーム  大さじ3
・マーマレード 小さじ2


[作り方]


1.リンゴの皮をピーラーでむき、いちょう切りにします。

  リンゴを耐熱容器にいれたら、白だしをかけます。

  密閉容器のふたは少しあけておき、レンジ(600W)で5分

  加熱します。

 ※はたけ流調理法

  白だしがリンゴの酸味をおさえ甘みをだします。
  まろやかな味にしてくれます。


2、カキは、塩をかけても揉みこみ、あらいながし臭みをとっておきます。

  ※豆知識:カキを洗うときのザルはステンレス製よりも

       プラスチックのほうが、カキに優しいそう。


  カキは水けをとったら、小麦粉をまぶします

  これは、加熱するときに、身が縮まないようにするためです。


3.油を入れ中火に熱したフライパンに、カキをならべていきます。

  こげないように中火で2分加熱したら、いったん取り出します


4、同じフライパンでレンジであたためたリンゴとバターをいれて中火で1分加熱

  いい感じにテカってきたら、カキを入れます。


  ここからは、カキを優しく混ぜ合わせること2分、塩コショウで味を整えたら

  はたけ流フレンチソース作り。


5、油を拭きとったフライパンに生クリームマーマレードをいれ、

  強火で沸騰するまで加熱します。

  盛り付けたリンゴとカキにかければ、カキとリンゴのソテーの出来上がり



  カキの香ばしさとリンゴの甘みと酸味がマッチして、
  とってもおいしいそうです。


2品目は



◆サワラと大根のジンジャーエール煮

s2.jpg


サワラと大根

よくブリ大根はあるけど、それのサワラ版です。

調味料として、ジンジャーエールを使います


[材料]2人分

・サワラ(切り身)    2切れ
・めんつゆ(2倍濃縮)  50cc
・ジンジャーエール   100cc
・大根         1/4本
・万能ネギ       適量
・紅ショウガ      適量


[作り方]

1.サワラ(1切れ)を6等分(3pはばくらい)に

  切り、熱湯にくぐらせて臭みをとっておきます。


2.つづいてだし作り、フライパンに麺つゆをいれたら、

  ここで調味料として、ジンジャーエールを加えます。

  甘みとか風味が良くなって、炭酸の作用で魚の身を柔らかく
 
  してくれるそう


  ※これは、はたけさんなりにいろいろな工夫をしている中で
  見つけたのだそうです。


  味つけはめんつゆと ジンジャーエールを合わせるだけと簡単。


3、強火にしたフライパンにサワラを並べたら、大根をピーラーで

  薄くむきながら、ファライパンに直接入れます。

  実は、これが落としぶたの役割を果たすのだそうです。


  大根に含まれるジアスターゼがサワラの身をやわらかくするそう。


  あとは中火で5分 合わせだしをかけながら、煮込みます。

  器に盛り付け万能ネギと紅ショウガをのせれば

  サワラと大根のジンジャーエール煮の完成です。




そして、はたけさん心配なことは、


「薬丸さんのテンションがあがったときは凄いので
そこまでいけるように・・・」と


サワラと大根のジンジャーエール煮のスタジオでの試食では、

岡江さんも薬丸さんも「美味しいテンションはMAX」と^^

いとうさんも「甘い感じがないめちゃくちゃおいしい」


専門家によれば、身を柔らかくする効果があるそうで

はたけさんは、だしまき卵にもいれるそうです。


カキとリンゴのソテーは

薬丸さんも岡江さんも美味しいと

以外な組み合わせでおいしいと皆さん絶賛でした! 



”材料2つだけレシピ”は簡単においしくできそうで

とってもオススメです!


※画像引用:はなまるマーケットより



スポンサードリンク