いよいよ岡江さん&薬丸さん17年半のゴールへ


第1回の様子から一気に、17年半の思い出の場面から

最初で最後のふたりロケ「東京散歩」まで(3月21日放送)

の映像が流れました。



薬丸さん

「あと何年芸能界にいるかわかんないですけど、

振りかえって一番の思い出は 多分はなまるマーケットだと

思いますね」



岡江さん

「人生を彩る1ページ・・1000ページくらいの中に入りますね」





17年半の思いを胸に いざゴールの瞬間が!



スタジオにたくさんの関係者さんが集まり、

その中を2人が歩きます。



そして、ゴールのテープをきりました。



2人に花束が贈られます。



薬丸さんからのご挨拶


「30歳という年齢でこの番組をはじめさせていただきました。

朝のこの時間帯にふさわしくないこの私を、ずっと暖かい目で

見守ってくださり、育ててくださり、そして、番組を支えてくださり

視聴者の皆様本当にありがとうございました。


そして、スタッフの皆様、はなまるアナの皆様、TBSアナウンサーの皆様

多くのこの番組に携わってくださったスタッフの皆様、そして、スポンサー各社

の皆様、本当にサポートありがとうございました。


今日ではなまるマーケットは閉店しますが、今後皆さんの生活の中に

はなまるという単語、言葉を見たり聞いたりしたときは、私たち2人を

そして、この番組を思い出してください。



”いつも心にはなまるを”ありがとうございました!」





岡江さんからのご挨拶


「17年半、テレビの前で応援してくださった方、はなまるを本当にありがとう

ございました!今こうやってゴールを迎えられてほっとしています。

当時娘は、13歳で今はもう30過ぎ、成長しました。


そして、私も主婦として

一回りも二回りもあつい主婦に、この番組が育ててくれました。


この番組で本当によかったです。

この楽しい思い出を一生忘れることはありません。


ですから、皆さんも毎朝 

”愛を届ける素晴らしいはなまるマーケ

ット”
という番組が

あったことを、一生忘れないでください。お願いします。


本当に17年半ありがとうございました。」




薬丸さんは花束の影で号泣、岡江さんもスタジオの皆さんも

涙涙でした。


私ももらい泣きしてしましました。



そして、岡江さんが最後に


「それでは皆さん、これからもはなまるな毎日をお過ごしください!」

17年半本当にありがとうございました。



私もたくさんのことを勉強させてもらい

たくさんの感動をいただきました。本当にありがとうございまました。



スポンサードリンク

 タグ