年はじめ 体メンテナンスとして

体重リセット!胃腸回復方法のご紹介です。


[目次]ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★運動なし!食べても痩せる?ケトジェニックダイエット!

・服部先生監修のケトジェニックダイエットレシピや

・ケトジェニックメニューで評判の、レストランもご紹介♪


★インフォメーション


病院や飲食店も大注目!生薬パワーで胃腸も絶好調!はこちらから


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

運動なし!食べても痩せる?ケトジェニックダイエット!





ケトジェニックダイエットというと12月6日のはなまるカフェに

おいでの 南 美希子さんがケトジェニックダイエット講座を7時間受講され

たとご紹介がありましたね^^



いつまでも若々しく美しく健康でいられるための食事方法という

ケトジェニック・ダイエット!



ケトジェニック・ダイエットを研究している第一人者

ナグモクリニック東京
アンチエイジング機能性医学外来

斎藤糧三 医長にお話をお伺いしました。



斉藤先生自ら実践されて、2年間で18キロも痩せたそうです。

運動はとくにせず、おなかいっぱいに食べても痩せ

しかも、アンチエイジング効果もあり、老化防止にもなるという

その方法とは?




ケトジェニックダイエットの語源は?



ケトン体は体内に蓄積した脂肪が燃焼されるとき

作られるエネルギー源の一つ

人間は 糖質をエネルギーとして使いきったあとに

脂肪やケトン体をエネルギー源として、使い

体を動かすというしくみになっている

現代人は炭水化物を多く摂取しているため、

ダイエットしても、糖質だけが燃焼し、

脂肪の燃焼までいきつかないのだそうです。

まず糖質を燃焼



続いて脂肪を燃焼


つまりケトジェニックダイエットは

体の糖質を使い切って脂肪をエネルギーとして、燃焼させ

痩せやすい体をつくるのです。





糖は大切なんですが、体の糖を使い切らないと

体の脂肪を使ってくれないということが

最近分かってきたそうです。


ケトジェニックダイエットのポイント




@脂肪を燃焼させやすい体にするため「糖質」は少なめ

 摂取する。白米であれば一日100グラム(茶碗のこもり)

 程度。

A糖質の代わりに「タンパク質」を摂取する。

 肉、魚、玉子、大豆等で一日に300gを目安に摂取する。


5.jpg
引用元:はなまるマーケット


そして、さらにうれしい効果も!!

実は、ケトン体そのものに体の抗酸化力を高めて
アンチエイジング効果があることがわかってきたそう


痩せる+老化ストップ

というケトジェニックダイエットは驚きのダイエットです。



ケトジェニックダイエットレシピ




ケトジェニックダイエット認定メニューを出すお店も

あるそうです。


ロイヤルパークホテル ザ 汐留
スペシャリティレストラン ハーモニー

こちらで人気のメニューは

牧草肉のステーキ(スープ・サラダ付き)2300円


3.jpg
引用元:はなまるマーケット

こちらのメニューを監修したのは、

医学博士 服部幸鷹さん


牧草牛はなるべく脂肪のない自然体で放牧されている

この牛のお肉は素晴らしいですよと言われます。


牧草牛には、脂肪の代謝に深く関係するビタミンB12も豊富

含まれていて、ダイエットには、最適なお肉なんです。




服部先生と斎藤先生が考案した
ケトジェニックダイエットレシピ!

家庭で簡単にできるレシピを教えていただきました!


ロイヤルパークホテル ザ 汐留
スペシャリティレストラン ハーモニー
吉田繁三シェフに作っていただきました。


牛肉の野菜サラダロコモコ風

4.jpg


[材料]1人分

・野菜   何でも100g以上
・牛肉      100g
・塩、コショウ
・卵       1個
・ドレッシング用調味料
・炒め油


まずはドレッシング作りから

[ドレッシング材料]1人分

・塩    小さじ1/2
・コショウ   少々
・薄口しょうゆ   小さじ1
・オリーブ油   大さじ1
・レモン汁   小さじ1
・ワサビ   少々


1.ボールに塩・コショウ・薄口しょう油・オリーブ油・レモン汁・ワサビを

  全部いれて混ぜ合わせてドレッシングを作ります。

2.次に、フライパンにオリーブ油をひいて、肉を

  やいていきます

  肉の種類は牛、豚、鶏何でもOK!

3、野菜を適当な大きさにきり、お肉も切って

  混ぜ合わせてドレッシングと和えます。

  お皿に盛りつけ、タンパク源の目玉焼き

  をのせると牛肉の野菜サラダロコモコ風の完成です!



野菜も、糖質が多いものはNGです。

 じゃが芋、にんじん、レンコン、かぼちゃなどは

 糖質が多いので、控えめにします。


 味付けは、薄味にするといいそうです。


 アルコールは、焼酎やウイスキーは大丈夫だそうです!


インフォメーション




料理を教わったシェフ
ロイヤルパークホテル ザ 汐留
スペシャリティレストラン ハーモニー 吉田繁三シェフ

ケトジェニックメニューを監修
医学博士 服部幸應さん
インフォメーション
ロイヤルパークホテル ザ 汐留
スペシャリティレストラン ハーモニー
所在地:東京都港区東新橋1-6-3 ロイヤルパークホテル ザ 汐留25F
TEL:03-6253-1130
営業時間:6:30〜21:00(L/O 21:00)
定休日:無休






スポンサードリンク