今週はお米の達人・小柳津(おやいず)大介さん


数々のメディアで注目される

”土鍋ご飯”がメインの日本料理店「おこん」の店主



今日のお米のご紹介

島根県斐川  きぬむすめ

玄米 1s 578円
(亀太商店 東京都墨田区の価格)

-------------------------------------------------

栗とキノコの炊き込みご飯


[材料]4人分


・米        360cc(2合分)30〜1時間浸水させます
・水        360cc(炊飯用)
・栗        200g(一晩水につけて、むいています)
・お好みのきのこ  120g
・酒        大さじ2
・塩        小さじ1弱
・バター      20g



きのこはなんでもかまいません。

今日は、島根県のきぬむすめというお米を使います。

今年のおこめは一粒一粒がおいしい。


また、生の栗でも、スーパーなどで売っている栗の甘露煮
甘栗(甘栗むいちゃいました)でもOKです。


その場合も、お水の量はかわりません。



[作り方]


土鍋はご飯専用の二枚蓋の土鍋です。


ご飯専用の鍋ですので、基本的にご飯が炊きやすい

そうです。


1.浸水させておいたお米を土鍋に移します。

  その上に、キノコをのせます

  今日は栗がメインなので、キノコは下にいれます。

  キノコは適当な大きさに切って入れて下さい。
   
  次に、栗をいれていきます。
  
  ※お米、きのこ、栗の順で一番上に栗がきます。


2.水を360ccいれていきます

 そこに、酒、お塩、を加え、蓋をして炊いていきます

 15分加熱します。

 最初の5〜7分は強火で加熱し、のこり8〜10分は弱火に
 
 します。


3.グツグツと白い湯気が上がって7分たったら、

  火を弱めていきます

  
  15分たったら、火を止めます

  火をとめてから、タオルをかけ15分間むらします。

  15分後に蓋を開けます


  ここで、コレおいしいポイント!

  バターを加えます。

  バターをいれることで、コクがでます。

  仕上げに黒ゴマをかけて、出来上がり


スタジオでの試食では、炊飯器だと

味が染みすぎてしまうけれど、こちらほうが

おいしいという声が。



皆さん、おいしいと絶賛でした!



栗の甘露煮や甘栗でもOKというのは

いつでも作れるので、嬉しいですね。



国産の栗甘露煮がおいしそうです^^
栗の甘露煮は定番でしょ♪

栗の甘露煮は定番でしょ♪
価格:1,575円(税込、送料別)




スポンサードリンク