8月5日 気象庁から異常天候 早期警戒情報
出されました。

まだまだ暑い日が続きそうで、熱中症には注意が
必要ですね!


今日のはなまるマーケットとくまるコーナーでは

熱中症 夏バテ予防の「ドリンク&スープ」

が紹介されました。

熱中症予防には、こまめな水分補給をすることが
大切ですね。


「ドリンク&スープ」にはより効率的に、
水分やミネラルを補給することができるのです。



スペシャルドリンクの材料はフルーツです。


女子栄養大学 助教の浅尾貴子さんのご説明では 
フルーツには果糖という糖が含まれており、
この糖分は、水分の吸収を早めて、効果的に体内に
留めてくれるそうです。


■熱帯の国の熱中症予防




また、タイなど東南アジアの国での暑さ対策は
意外な方法でした。



本場タイ料理レストラン アユタヤさんに教わります。


  本場タイ料理レストラン アユタヤ
  千葉県船橋市本町3丁目36-34 石井ビル3F
  TEL:047-424-3139
  時間:ランチ 11:30〜14:30(L.O 14:15) 
     ディナー 17:00〜23:00(L.O 22:30)


ポラマーイ・ロイゲオ
tai.jpg





タイでは、フルーツに砂糖、塩、唐辛子で作った
唐辛子塩をつけて食べるそうです。



水分や糖分、汗で失われるミネラル類が豊富に含まれた
フルーツに、塩分や糖分をつけて食べるというのは
熱中症対策としては、理にかなった方法ですね!

タイでは、熱中症はほとんどないそうです。



唐辛子塩レシピ

・砂糖    大3

・塩     大1/2

・唐辛子  大1/2





スイカに塩を付けて食べるように、いろんなフルーツに
この唐辛子塩をつけて食べるのですね!

タイの人たちは、水代わりにフルーツを食べるのだそうです。


そして、さっそく、家にあった巨峰に砂糖と塩をつけて
たべてみました!

唐辛子は普段あまり食べなれていないので、今回はパスしました。


私の場合はお塩を多めにしてみましたが、とってもおいしかったです!
今までのフルーツよりもおいしくて、癖になりそうなお味!


スイカを食べるときも、そうですが、塩がフルーツの甘みを引き出し
くれて、より甘く食べられるようです。


そして、唐辛子は、汗をどんどん出してくれるので、暑さ対策に良い
とのことですが、汗がでるので、また フルーツを食べる。ということの
繰り返しなのだそう。



■フルーツをおいしく効果的に食べられるスペシャルドリンクのご紹介





ビューティーアドバイザーのかおるさんに教わります。


スイカのソルティードリンク(2人分)


・スイカ(皮なし)    400g
・レモン汁        小1
・塩           0.3〜0.6g



1.スイカは皮をとり、適当な大きさにカットし、ざるでこしていきます。

2.青臭さを消すため、レモン汁を加えます。

3。分量の塩を加え、ミキサーで混ぜ合わせて出来上がり。


厚生労働省が熱中症予防として推奨する塩の分量は
 100ml中0.1〜0.2g
 これは、人差し指と親指で軽くつまんで計量すると
 ちょうど0.2gくらいなので、目安にします。









パイナップルのドリンク(2人分)



1.パイナップルは、葉の部分と実の部分を持ってひねると簡単に葉を取ることが
  できます。

2.葉の部分をはずしたら、実の部分を縦に8分の一に切り、実の部分だけ
 切り離していきます。

3.ミキサーを使うので、芯の部分はとらずに、きりミキサーにいれます。

  水と塩も加えて、ミキサーで攪拌すると、出来上がり。


かおる先生は、パイナップルは、1個200〜300円ででているので
 ぜひドリンクに活用してくださいとのことでした。


かおるさんの著書です。

『腸美人の水切りヨーグルトレシピ』 
1050円 著 かおる 出版社 共同通信社

『「美人レシピ」でココロもカラダもヘルシーに!かおるんのるんるん♪素敵にクッキング』
1050円 著かおる 出版社 テクスト 





早稲田大学スポーツ科学学術院  中村 好男 教授


汗と一緒に ナトリウム、カリウム、カルシウムなどのミネラル成分も
出ていきます。

大量の汗をかいた時、水だけを補給すると血液の塩分(ミネラル)
濃度が薄まり、低張性脱水になります。

低張性脱水になると、水を飲んでも脱水状態が改善されず
場合によっては、機能不全を起こします。




ミネラルを上手く、とりいれるスープレシピが紹介されました。


■熱中症 夏バテ予防のミネラルスープ



ミネラルスープは、アサリの出しを使います。

アサリには、汗と共に失われるカルシウム、マグネシウム、鉄、カリウム
また、タウリンも含まれていて、夏バテ予防にも最適な食材です。


リストランテ・ダ・フィオーレ イタリアンの眞中シェフに教えていただきます!


リストランテ・ダ・フィオーレ
渋谷区神宮前5-39-3 表参道 Osaki Square Bld. B1-1
TEL:03-5766-9703
時間:ランチ 12:00〜15:00 18:00〜翌0:00 不定休

オーナーシェフ:眞中秀幸さん


 

アサリのだしの取り方(2人分)


[材料]

・アサリ    10個
・水      400〜500cc


1.アサリを鍋にいれ、ひたひたの量の水を加えます。

2.最初は強火で加熱し、アサリが開いたら弱火にし3分煮だします。

3.ざるにクッキングペーパーをひいてこします。
  こうすることで、もし砂が残っていても除くことができ安心です。

たくさん水を入れるとだしが薄くなるので、水はアサリがかくれる
 くらいの量がいいそうです。






オクラの冷たいスープ(2人分)


オクラは抗酸化作用のある、ビタミンA,C、Eが豊富に含まれています。
また、ネバネバ成分ムチンには、胃腸を整え胃壁を守りますので、
夏の疲れた胃腸にはうれしいですね。

【材料】(2人分)
 
・オクラ        5本
・アサリだし     200cc
・水         適宜
・塩         少々


【作り方】

1、オクラはヘタのまわりの硬い部分をとり、やわらかくなるまで2〜3分塩茹でにし、
  冷水にとり、色止めをしておきます。

2、ミキサーにオクラとアサリだしをいれて攪拌します。
  攪拌できたら、ショウガ汁と塩をいれて味を調えると出来上がりです。


とろみが強い場合は、水をいれて
調整し、食べるときに、オリーブ油をかけます。



ナスとショウガの冷たいスープ(2人分)

なすは夏バテ予防に効果的なビタミン群が含まれています。

なすの紫の色素アントシアニンはポリフェノールの1種です。
抗酸化作用のほかにも、目の疲れや視力の低下を防ぐなどの
目の健康によい働きをしてくれます。


【材料】2人分

・なす        2本
・アサリだし     200cc
・塩         少々
・ショウガ汁      少々
・オリーブ油     適宜


【作り方】

1、なすはオーブンでまるごと焼いておきます。
  そして、皮はむかずに輪切りにしておきます。

2、ミキサーになすをいれ、アサリだしを加えて攪拌します。

3、ショウガ汁と、塩で味を調えます。
  アサリからも塩味がでるので、塩はあまりいれなくてもOKです。


なすのスープはなすを焼いているのでこうばしい風味です。
また、皮ごとなので、フィトケミカルもとることができます。

アサリだしは、くせがなく、ほかのいろんな野菜ともあわせてスープに
することができます。



たくさんの野菜をしっかり食べるには、スープが最適ですね。これなら、無理なく毎日作れそうです!




スポンサードリンク

 カテゴリ