カビは、私たちの身の回りに、なんと8万種類以上も存在しているそうです!


今日のとくまるでは、知らないと怖い皮膚や肺に住み着くカビの正体
その除去方法について、ご紹介します。


以外なところにもカビが発生。知らないと怖い体に住み着く カビの真実!


ame2.jpg


■今が危険!皮膚に住み着くカビ



じめじめした日が続くと、室内にはたくさんのカビ菌が浮遊している
そうです。

一年のうちでも、6月が一番多い季節です。

今の季節のお肌のしみ、咳もしかするとカビが原因かもしれません!


「カビが好きなところは、高温多湿のところですから、
皮膚の表面がかこうのすみかになっています」と。

稲葉皮膚科クリニックの稲葉先生。

カビが原因の皮膚病は梅雨のころ、5〜6月から急に増えるそうです。



マラセチア菌が原因の皮膚疾患




●マラセチア毛包炎


marasetia335.jpg


マラセチア菌が皮膚の毛穴で増殖し炎症を起こした状態

マラセチア菌は、誰もが持っている菌ですが、高温多湿が続き皮膚の温度が
あがると、皮膚の脂を食べて増殖するそうです。

男女差はないそうですが、青年〜中年に多くみられます。
ニキビやあせもと勘違いしそうですが、放置しておくと、体中に広がることも
あるそうです。



●癜風(でんぷう)


denpuu.jpg


マラセチア菌が原因の皮膚疾患。シミのようにあかく見えるものや、白くぬけたような
状態になるものなど、あるようです。

20代〜40代の男性や汗をかきやすい場合にもなりやすいそうです。


肺に住み着く アスペルギウス菌が原因の疾患




●アレルギー性気管支肺アスペルギウス症



常在菌のカビ アスペルギウス菌を吸い込んで起きる肺の疾患です。
アスペルギウス菌は、家にも職場にもどこにでもいる菌なので、
誰でもなる恐れがあります。


その症状は、咳や痰、呼吸困難などがあり、
胸がゼーゼー・ヒューヒューとなる症状がでるので、
よく喘息と間違われるそうです。

最悪は、死にいたることもある怖い病気です。



■カビが原因の病気にならないための対策は




どこにでもいるカビが原因の病気に、ならないための対策は、
肌に触れるものを清潔にすることや、生活環境からカビを除去することです。

この恐ろしいカビは家の中のどこに、潜んでいるのでしょうか?

番組では、はなまる主婦のおうちでの検証しています。


●リビング

エアコンの中から、アレルギー性気管支炎を引き起こす、アスペルギウス菌を発見!


●キッチン

流し台のストレーナー、シャワーヘッド、冷蔵庫でも野菜室から
アスペルギウス菌を発見!

カビ菌は、土に含まれているので、冷蔵庫にいれるときには、土を洗い流してから
保存するのがいいそうです。

低温だから大丈夫と思ってしまいますが、
低温でも繁殖するカビもいるので、注意が必要ですね。

そして、エコバックからもアスペルギウス菌を発見!

エコバックにカビがいることは、とても以外でしたが、
土がついた野菜を入れることから、
角のほうで繁殖しているとのこと!

その対策としては、エコバックは1週間に一度は洗濯し、
天日干しをすることだそうです。

ナイロン製の場合も同じように対策をしてください。


●ベッドルーム


エアコンからは、アスペルギウス菌を発見!

以外だったのは、除湿機本体からもアスペルギウス菌が出てきたことでした。

今の時期、湿気をとるために使用するものですが、
本体のお掃除をまめにしないと、
本体内部は湿気が強いので、カビが発生するのです。

加湿器も同じだそうなので、要注意ですね。

そして、枕からもカビ菌が。

一番困るのは、マットレスですね。
こちらは、専門業者さんにお任せするのが
一番安心かもしれません。



カビの撃退術





●エアコン掃除方法



@あらかじめ窓を開け、下に新聞紙を敷き電源を抜きます。

A次に部品をはずします。フィルターの汚れは先に固形の汚れをとってから
 水洗いします。

B掃除機の吸い口の先に、トイレットペーパーの芯を斜めにきった 
使い捨てノズルをつくり、掃除機の吸い口の外側につけて、
フィルターのほこりやゴミを吸い取ります。

その後水洗いして乾燥します。


Cゴム手袋と軍手を用意します。
ゴム手袋の上に軍手をはき、片方の手に洗剤をつけ、
エアコン内部を拭いていきます。

そのあとすぐに、洗剤のついていない手で、
洗剤をふき取っていくと、簡単です。

Dきれいになったら、乾いたフィルターをつけます。

完了後は、窓を開けて30〜45分間 送風or除湿運転をします。


●キッチンのシャワーヘッド掃除方法



@台所用の中性洗剤(適量)をうすめて5〜10分つけます。

Aその後歯ブラシなどで、ブラッシングして洗い流します。


●ストレーナー掃除方法


 
@泡タイプの漂白剤を吹きかけます。

A水をいっしょに入れて、ポリ袋にいれ、シェイクします。

Bそのまま15分おき、水洗いします。


●マットレス掃除方法



専門業者さんの方法


@表面の汚れを専用の掃除機で吸い取り、専用洗剤を散布。

A100度のスチームでカビやダニを殺菌。

Bブラッシングでゴミをとって、熱湯が出る専用掃除機で
マットレスを洗っていきます。
こうすることで、カビやダニの混じった汚れた水がでてきます。

Cあとは、赤外線で乾かして完成です。

※作業時間2時間〜2時間半
 料金:16000円前後


-----------------------------------------------------------------------------

●マットレス掃除方法A


自宅でマットレス掃除する方法です。

@マットレスの表面の汚れを掃除機で吸い取り、布用除菌消臭剤を散布します。

Aマットレスの角全部に、本などを置いて風とうしをよくします。

※掃除機をかけるだけでも、ずいぶんと違うそうです。
 この方法だと、簡単にできそうですね。

-----------------------------------------------------------------------------

身の回りにこんなに怖いカビがたくさんいるとは、驚きました。

カビを撃退するには、お掃除を徹底することと、清潔にすることが一番
ということで再認識できました。


カビは目に見えない状態でも、たくさん存在しています。

点々と見えるようになるとその数は、
想像できないくらいの数になっているということでした。 

水分、栄養、温度がそろう夏場は特に、カビを意識したお掃除を心がけたいですね。






スポンサードリンク

 カテゴリ