いまや3人に1人!本当は怖い「脂肪肝」


最近増えていていると言われる「脂肪肝」とは
どのような病気なのでしょうか?


そして、肝臓に対する、間違いだらけの常識の事実も!


さっそく、脂肪肝のセルフチェックから始めてみましょう!

脂肪肝チェックリスト

@体がいつもだるい
A右わき腹が張った感じがする
B20歳のときに比べ10kg以上太っている
C朝食を食べないことが多い
D夕食は9時以降に食べることが多い


このリスト項目に2個当てはまったら、
少し肝臓が疲れている可能性があるそうです。


家には肝硬変で亡くなった家族がいますが、
アルコールは全然のめませんでした。暴飲暴食していた
様子もなくて、肥満でもなかったです。思いあたることと
いうと一度入院したことだけです。

非アルコール性脂肪肝からの肝硬変だったのかC型肝炎からだったのか
わかりません。今のように治療が進んでいなかったころなので詳しいことは
わかりませんが、どちらかだったのかなと思います。

その経験から、肝臓病にはとても敏感になってしまいますが
このチェックリストにはあてはまらなかったので、少し安心♪


もしも、脂肪肝が見つかった場合も、肝臓を痛めている原因を
適切に見極め除去すれば、自然治癒によって、肝臓は2〜3週間で
再生します!


そもそも 脂肪肝というのは、どういう状態をいうのでしょうか?


その原因や改善方法、肝臓によい食材のご紹介もありました。


◇肝臓の凄い能力

肝臓は悪くなっても、なかなか症状がでにくいと言われますね。
大切な肝臓を守るためにはどうすればいいのでしょうか?

まず、肝臓の働きを解説いただきました。

-----------------------------------------------------------

□肝臓の働き

@仕事は500種類以上

●代謝 ●貯蔵 ●解毒 ●合成

A最も重い 約1、2kgあります

B最も酸素を消費します=28%

 脳の場合でも20%です。

C最も熱い 41℃
 

D内臓の中で唯一 再生する臓器です

 肝臓が健康であった場合は、たとえ7割切り、残り3割に
 なったとしても、1カ月あれば元の通りに再生するそうです。

ーーーーーーーーーーー○ーーーーーーーーーーーーーーー○ーー

肝臓に替わる機器はありません

@心臓・・・ポンプ(人口心臓)
A腎臓・・・濾過機(人口透析)
B肺・・・・空気清浄機(人口呼吸器)
C肝臓・・・化学工場(替えがきかない)   様々な機能を有し、様々な物質を合成する、化学工場の
   ような働きなので、現在の医療では、代わりの機器はできない



◇脂肪肝とは

siboukan.jpg

肝臓は、冬の間は活動量が少なく、消費エネルギーも少ないため
内部に脂肪を貯蔵しています。春になり暖かくなると、活動量が
上がり消費エネルギーも多くなります。

このことから、春になると健康な人は代謝が活性化して
肝臓の脂肪が減るそうですが、分解能力が衰え肝臓の
脂肪が増加している人も多いとのことです。

脂肪肝は過剰なアルコール摂取や、カロリー摂取により、肝細胞内に
脂肪が溜まった状態になります。



脂肪肝が悪化すると、肝炎や肝硬変になり、肝がんを発症する場合も
あります。


◇お酒を飲まなくても危険!脂肪肝を招く肝臓の誤解


「お酒を飲む人だけが脂肪肝になる」は間違で、飲酒習慣がなくても、脂肪肝に
なります。非アルコール性脂肪肝と言います。
カロリーの過剰摂取、運動不足、夜遅い食事で脂肪肝になることも。

また、女性ホルモンのひとつ、エストロゲンは脂肪を肝臓につきにくくして
くれる働きがありますが、閉経後に減少してしまい、肝臓に脂肪がつきやすく
なります。

そのことから、50歳からの脂肪肝の女性の罹患者が増える傾向です。


◎非アルコール性脂肪肝(NASHナッシュ)の原因は

@不規則な食生活
A極端なダイエット
B女性ホルモン(エストロゲン)の減少

 ※高い確率で肝硬変になると言われているので注意が必要です。


◎脂肪肝を引き起こす 間違いだらけの常識

@お酒に強いと、肝臓も強い=×間違い 

 お酒に強い人は、アルコール分解酵素が多いことで決して肝臓が
 丈夫ということではない!


A飲めなかった人が お酒をのみ続けるとお酒に強くなる=×間違い

 これも、間違いだそうで、もともとお酒が飲めない人が
 お酒を飲むと、アルコール分解酵素だけでは足りないので、緊急に
 他の酵素もフル活動して、アルコールを分解します。

 そのため、予備の酵素まで、アルコール分解に使ってしまうので
 通常の方よりも、1.5倍多く アルコールによるダメージを
 うけてしまいます。
 昔 飲めなかった人がお酒を飲み続けることは、非常に危険です!


◇脂肪肝の改善方法は

改善方法には、食事の改革と運動です。

@食生活の改革

規則正しく食事をとることが基本ですが、どうしても夜遅く食事を
とらないといけない場合は、対策としては”分食”にします。

お腹がすいた状態で夜遅くに食事をすると、たくさん食べてしまい
肝臓に蓄えられてしまいます。

それで、夕方位に軽食をとっておき、家に帰ってからは、野菜中心として
軽く食べるという”分食”にするといいとのことです。

軽い食事を何回かにわけてとることで、脂肪肝を抑えることができます。


A極端なダイエットはさける

B運動

少し心臓がドキドキするくらいの20分〜30分の運動をします。
ポイントは1回30分以上を 週に2、3回から、はじめ継続できる
時間帯ならいつでも大丈夫です。

通勤時間に歩くことでもOKです。


●オススメの運動は
・水泳
・水中歩行
・サイクリング
・社交ダンス

1日30分程度のウォーキングで脂肪肝は劇的に改善できます。
やや早歩き気味のペースで行うと、2〜3週間で効果が出るそうです。
スロージョギングなど最適ですね!
ダイエットの場合も、肝臓の脂肪から減っていくそうです。



◇専門家オススメ!肝臓に負担をかけない飲み方は

肝臓はアルコール分解時に大量の水を必要とします。
かなり酔ってしまってから水を飲んでも肝臓に対してあまり効果は
ないそうです。

負担をかけない飲み方は、最初からお酒と水をなどを、近くにおき
交互に飲みます。


◇肝臓に良い食材です


sibou-2.jpg



肝臓研究のスペシャリストによる 肝臓に良い食事会のレシピです。


・地のアジ     920円
・冷奴       380円
・イカ刺身     880円
・イカの丸焼き   860円
・揚げ出し豆腐   580円
・地のたこの唐揚げ 920円


お話を伺った方

○横浜市立大学附属病院 消化器内科 
 米田 正人 医学博士


 横浜市立大学附属病院 消化器内科
 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9
 TEL:045-787-2800(代表)


○帝京大学医学部附属病院 外科学講座 
 佐野 圭二 教授

取材にご協力いただいた店舗
地魚料理 やすらぎ
神奈川県横浜市金沢区平潟町23−20
TEL:045-701-2268
営業時間:ランチ 11:30〜15:00(L.O.14:30)
     夕方  17:00〜23:30(L.O.22:30)
定休日:月曜日 
※(今月13・14・15は休み)不定休のため、詳しくはお問い合わせ下さい>




非アルコール性脂肪肝や、肝臓に持っていた間違った常識など
知らないことも多かったです。






スポンサードリンク

 カテゴリ