今年も、紫外線の強い季節になりましたね。

紫外線は 夏の暑い時期よりも、実は春 3月から5月にかけて
のほうが多いそうです。

ちょうど今頃ですね!

しかも、この頃の紫外線には、シミの原因になると言われる
”UV-A波”が冬の3倍にもなっているのです。


お肌の美白やシミ対策は、今から備えておきたいですね。

美白やシミ対策というと一番に思いつくものは、ビタミンCですが、
ビタミンC単体だけでは不十分なようです。


ビタミンCはビタミンEと一緒に服用することで、相乗効果があるそうです。
皮膚科の先生によると、ビタミンEとCを合わせて服用した場合の方が
シミの改善に効果があったということです。


ビタミンC(水溶性ビタミン)の働きには、メラニンや活性酸素の生成
を抑えること、コラーゲン合成を促し、細胞や組織の生成と修復を
促すことがあります。
さらに、”ビタミンEの働きを高める”という働きがあるそうです。


ビタミンEとCを一緒に摂ったほうがいいですね!

ビタミンEは
”若返りのビタミン”とも言われ、様々な働きがあります。


・血行を良くして新陳代謝を高め、細胞の再生を助ける

・過酸化脂質の酸化を抑え、活性酸素の生成を抑える

・生殖機能の維持

・動脈硬化を予防し、脳卒中や心筋梗塞を予防する

・老化防止

・がん予防    

など・・・・



万が一 不足してしまうと、様々な症状が現れるようです。


・手足の冷え

・顔や体にシミやソバカスが増える

・流産しやすくなる

・肩こりが起きる

・貧血

・体の反射低下

・歩行困難

・生殖機能障害   

原因は、ビタミンEの欠乏のため、細胞膜の酸化が進み弱くなるためだそうです。



大切なビタミンだから、食事やサプリメントでしっかり摂らなくては!
と思いますね?

実はビタミンEは脂溶性ビタミンといって、水に溶けない性質を持ちます。
水溶性ビタミン(CやB)は摂りすぎても、不要な分は尿などで排泄
されますが、脂溶性ビタミンは排泄されません。


”ビタミンE過剰摂取で「骨粗鬆症」の危険が高まる”という研究結果もあるそうです。

どうしてなのでしょう?

これは、”ビタミンEが骨を壊す細胞の働きを活発にさせてしまう”
からだそうです。


このことから、摂取量の上限を検討し直す必要があるということです。


私も、ビタミンEは依然から サプリメントで摂っています。
私の場合は、一日に必要な摂取量は気にしていません。
普通に食事もしているし、病気でもないから、食事+αの気持ちで摂っています。

食事だけでは多分足りないと思うので、補助している感じです。
今は300mg摂っています。


そして、美白によいビタミンEとCそれにAも同時に食べられる食物が
ありました。


これからの季節にたくさん収穫される、赤ピーマンと黄ピーマンです。
青い普通のピーマンは、少ないのですが、赤と黄のピーマンはビタミン
A、C、Eがたくさん含まれています。

酵素も摂れるので生もとってもいいですが、脂溶性なので、炒めても
栄養素は全然減らないので大丈夫です。

このとき、オリーブオイルを使うと、酸化しにくいので よりいいと
思います。



●ビタミンEを多く含んでいる、食品を調べてみました。

         (単位:mg)

・煎茶       64.9
・紅茶        9.8

魚類

・アユ(内臓)   23.5
・アンコウ(生・肝)13.8
・うなぎ(生)    7.4
・   (白焼き)  5.3
・   (かば焼き) 4.9

種実類

・アーモンド    31.0
・ピスタチオ    25.5
・えごま      21.7
・あさ       23.6
・かぼちゃ(種子) 15.1
・落花生      10.6
・ペカン      25.0
・松の実      12.3

油脂類

・オリーブ油     7.4
・ごま油      43.7
・米ぬか油     25.5
・サフラワー油   27.1
・大豆油      10.4
・とうもろこし油  17.1
・なたね油     15.2



油脂類には、豊富に含まれていますが、酸化しやすいので
注意が必要ですね。

唯一 オリーブ油は酸化しにくいと言われていますので
私は、なるべくオリーブ油を使うようにしています。

煎茶や紅茶に意外にたくさん含まれていますね!

そして、魚類や種実類、油脂類に多くて、肉類に少ない という
結果になりました。


これからの季節、美白にも紫外線予防にも、旬の野菜からも
ビタミンEとCをしっかり摂りたいですね。





スポンサードリンク

 カテゴリ