春は、新社会人になる人、進学する人、転勤で引っ越す人

>と、生活環境が大きく変化する時期ですね。


新しい環境に対応しようとするとき、人は皆ストレスをうけます。

実は、ストレスは自分を取り巻く、すべてのものに存在しています。

暑さ寒さもそうですね。自覚していなくても、体は反応し、健康に
保とうと働いてくれます。


また、同じストレスを受けても 感じ方がそれぞれ違いますね。

感じ方の差 ストレス耐性の差は、どこからくるのでしょうか?

そして、うまく解消する方法は?


こちらでストレス体制チェックができます。



◆ストレス耐性の差は?



ストレスを受け、不安を感じると脳の扁桃体という部分が刺激されます。

不安がつよくなると、自立神経の中枢を刺激し様々な症状になって現れます。

ストレス耐性の強い、弱いというのは、この扁桃体の感受性が深くかかわって
いるとも言われています。

扁桃体の感受性というのは、遺伝や成長期の生活環境での経験で
ある程度はきまりますが、研究の結果 あとから鍛えることも
可能と分かってきました。


脳科学者の塩田久嗣さんによれば扁桃体の感受性を簡単に鍛える方法
は次のようなものです。


@自然を感じ空を見る

A感情を吐き出す

B鏡を見て笑う

Cたんぱく質を摂る・・たんぱく質を分解してできるアミノ酸は、脳内伝達物質
           セロトニンの原材料になります。青魚を中心にして
           たんぱく質を摂ることが大切です。


規則正しい生活、十分な睡眠をとること、たんぱく質の豊富な食事をすること
自然を肌で感じることなど、みんな簡単にできることばかりですね!



◆ストレス解消法は?



そのほか皆さんどんな方法でストレス解消をしているのでしょうか?


口コミランキングでは・・・・・

一位 入浴・・・入浴にはリラックス効果がありますね。
        心臓への負担が少ない 半身浴、ゲルマニウム温浴・岩盤浴
        も、良いそうです。心も体もリラックスできますね。

二位 睡眠・・・「睡眠」は最も大切です。眠ることで心も体も休めることが
        でき、すべての人に必要です。
       
三位 カラオケ・音楽を聴くことも、ストレス解消になりますが、歌うことで
        さらに、その効果が高まることがわかってきました。

四位 読書・・・本好きなにはぴったりですね。読書は、時と時間を選ばずに
        できるので、手軽にできる方法としておススメです。
        
五位 

・ショッピング・・ショッピングは女性のストレス解消法として最も多い
         ですね。欲しいものを買うことは、物欲が満たされますね
         買いすぎには注意が必要です。


・食べる・・・・食欲を満たすことでストレス解消に効果があります。                 こちらは、食べすぎや、食生活が偏らないように注意が必要
        です。

七位 スポーツ・・スポーツで汗を流すことは、気分転換によく、新陳代謝も活発に
         なり、免疫力を高める効果があります。


           
とにかく、「自分のための時間」をとること 100%自分の好きなことができる

時間を意識的に作ることが大切です。

一日のうちで、また1週間のうちで、自分が自分らしく過ごせる時間を確保する
ことが、ストレスをうまく解消できるコツですね。

「明日は明日のかぜが吹く」とか「なるようになる」といいます。

ストレスを上手に解消し、ストレス耐性を高めるためには

頑張りすぎない姿勢が一番大切ですね。


ゆっくり休みにはこちらも頼りになります♪





スポンサードリンク

 カテゴリ