食物アレルギーは、今まで何でもなかった
食物を食べて、ある日突然に アレルギー
症状が現れる こともありますね。




昭和大学医学部 小児科学講座
今井 孝成 先生  にお伺いしました。


■ 正しく知っておきたい「食物アレルギー」

■ 要注意!シーズン到来 
  食物アレルギーと花粉症の意外な関係


卵のアレルギーを持つお子さんのご家庭では

ハンバーグにもマカロニサラダも卵を使わないように

調理し、それを家族全員で食べるのだそうです。

奥様「分けてつくると、間違えることもあるので」と


また、学校や、ご近所の人も、気をつけて

非常に理解をしてくださっているそうです。


食物アレルギーは子供さんの問題ばかりではありません。

大人になってから、突然 食物アレルギーに
なってしまうことも!


それには、意外な原因があるそう。


◇◆・・・・・・・◇◆◇◆・・・・・・・◇◆◇◆・・・・・・・◇◆

視聴者さんからのご質問

Q、自分が子供のころは、あまり周りに
  食物アレルギーの子供はいなかったように
  感じます。
  近年、食物アレルギーの人は 増えている
  のでしょうか?
    

◎今井先生のお話
データでは、増加しています。

 原因因子の一つは環境の変化 先進国に多くて

 発展途上国には少ない傾向があるのだそうです。

 きれいになりすぎている環境がいけない場合も。

 環境や遺伝的なもの体質的なものも大きいそうです。
   

◇◆・・・・・・・◇◆◇◆・・・・・・・◇◆◇◆・・・・・・・◇◆

どんなものが起こしやすいのでしょうか?

◇表示義務がある食材
卵、乳、小麦、エビ、カニ、そば、落花生

◇表示が推奨されている食物

あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ

牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆 鶏肉 バナナ

豚肉 まつたけ もも やまいも りんご ゼラチン

※これらの食品は、アレルギーが出やすい食品であり、
実際のところあらゆる食品がアレルギーの原因になりやすい

◇◆・・・・・・・◇◆◇◆・・・・・・・◇◆◇◆・・・・・・・◇◆

Q。食物アレルギーになる原因は?  

最近意外な発症のメカニズムが明らかに!

横浜市立大学付属
市民総合医療センター皮膚科
松倉 節子 医師 にお伺いしました。

今までは、アレルギーは

食べて消化管からとりこまれてなるといわれていたが、

皮膚からも取り込まれることで発症することが

わかってきました。

肌荒れなどで、バリア機能が弱くなれば

皮膚から取り込まれてしまうのだそうです。



赤ちゃんの場合は、特に皮膚のバリア機能が弱いので
余計に発症しやすい。
離乳食がはじまるまでは特に皮膚の管理をするよう
にということです

稀に体内感染といって、妊娠中に
アレルギーになっていることもあるそうです。


大人も、手荒れしているときは、皮膚から、
食品の成分が取り込まれることが多いそう。

その症状は
もっとも多いのは皮膚症状・・・じんましん
や唇がはれること、腹痛 おう吐 呼吸苦しくなるなど

最悪はアナフラキシーに。


少し前に大きな問題になった小麦アレルギー問題は
小麦の成分が洗顔のたびに少しづつ体内に入っていき
ある日、パンやうどんなど食べて小麦成分を大量に
食べることで発症。

知らず知らずに皮膚から入ることがわかってきたのだ
そうです。

特に 赤ちゃんは皮膚のバリアが弱いので、
余計に発症しやすいそう


3歳までに発症した場合は・・・50%は治る

学童期までに発症した場合は・・80〜90%治る

大人になって発症した場倍は・・治りにくい



大人になってからのアレルギーは治らないことが多い
生まれつきなる場合もあるが通常は生まれてからが多い

妊娠中授乳中はあまり気にしなくてもOK
健康的な食生活をおくると大丈夫




環境因子が大きい
手荒れのケアも大事

Qなりやすい人 なりにくい人はいますか? 

片親がアレルギーだと5割はなりやすいが
あとは環境を整えるのが大切

手荒れとかしっかりとケアする

食べすぎというのは、
食品によってアレルギーも起こしやすい

食品によって、アレルギーがおきやすい
ものと、起きにくいものがある

米は起きにくいのだそう。

口にして、あれとおもった場合は、受診して検査

子供は、小児科。  大人は内科に。

血液検査やプリックテストという皮膚テストを行う



岡江さんは、ほとんどの項目ででているがアレルギー
症状は出ていないそうです。

検査でアレルギー反応がでていても、すべての人に
実際のアレルギー反応がでるとは、限らないのだそうです。




アレルギーの負荷試験について。

まったく食べられないのか少しなら大丈夫なのかとか
を調べる試験。大体は入院して行うそうです。

少量なら大丈夫とか加熱すると大丈夫とか加工すると
大丈夫とか様々な場合があるそうです。

9歳以下の負荷試験には保険適用されます


食物アレルギー研究会のHPに

負荷試験のできる病院の情報が載っているそうです。




大人の植物アレルギー

花粉症の人は要注意 口腔アレルギー症候群

すでに花粉症と診断されている人が多い


花粉 と果物・野菜のタンパク質の構造が似ている

ことから、体が、勘違いしてアレルギー反応を

起こすのだそうです。

東 貴博さんの場合も、3年前から、桃を食べると
アレルギーが起きるようになったそうです。


体が勘違いしやすい果物と花粉
シラカバ・ハンノキ・・・・リンゴ、ももなど

カモガヤ(イネ科)・・・・メロン、スイカなど

ブタクサ・・・・・・・・・メロン、バナナ

これらが、体が勘違いしやすい果物と花粉の木だそうです。


花粉と果物を間違えてアレルギー反応がでる
花粉よりも果物のほうが量が多いので、大きな反応がでる

北海道には、シラカバの花粉症がおおいので果物アレルギーも多い


花粉はその時期しかないが、果物は常に起こる


Qリンゴや桃は生だとダメですが、加熱すると食べられます。
どうしてですか?


先生のご説明

果物を加熱すると異物と間違われないのでアレルギーがでないことも
あります


Q大好きだった、キウイフルーツ、バナナ
 パイナップルを食べると、30分後には腹痛が
 はじまります。
 また、仕事でゴム手袋を使用したときに
 手にじんましんがでたります。これらはアレルギー
 症状なのでしょうか?

先生のご説明では、

一つは
ラテックスアレルギーの可能性があると考えられます
天然ゴムのアレルギーで、合成ゴムではでない。
天然ゴムアレルギーのある人が関連のある
果物を食べると体の勘違いから反応がおきることが
ある。

天然ゴムアレルギーの方には
ラテックスフリーの手袋があるそうです。

こちらは、裏に表記されているそう。


ラテックスアレルギーと関連の食品

バナナ、パイナップル、キウイ、アボガド、
栗、ブドウ 




いつでも誰にも起こりうるアレルギーの注意は?

常にリスク認識していて、不安な場合は医師に
相談をし、自己判断でやっていかないことが重要

ということでした。


アレルギーはだれにも、またいつ起きるかもしれない
のですね。

怖いというイメージのアレルギーですが、
正しく認識して、行動することが大切なこと
とても勉強になりました。





スポンサードリンク

 カテゴリ