今日のいっぷくクリニック

日本人がなりやすいがん「胃がん」を防ぐ
目からうろこの健康新常識

お話をお伺いするのは池谷医院院長 池谷先生です。
池谷敏郎 医学博士
医療法人社団 池谷医院院長 東京医科大学客員講師
「ここ10年で、これだけ変わった!最新医学常識99」著書多数

日本人に多いといわれる胃がんを、未然に防ぐには
どうすればいいのでしょうか?

胃がんの原因は99%がピロリ菌!



ipuku2-1.jpg

池谷先生のご説明では、胃がんの患者さんを調べると、そのほとんどが
ピロリ菌の陽性反応だそうです。

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)とは
人の胃の粘膜中に住み続ける強毒性の細菌のことですね。


スタジオの皆さんから、

★焦げている部分を食べるとがんになるというのは本当なの?
 という質問が。




”先生からは、あれは都市伝説。
焦げは食べても大丈夫なんですよ。

焦げの中に、微量ですが発ガン物質が含まれていることは
確かなんですが、たとえば、一日にどんぶり1杯とかバケツ1杯とか
それぐらいの焦げを食べなければ大丈夫なんです。”



そうなんですね^^
私も、お魚のこげたのは、食べないほうがいいと
思っていたんです。

現実には、どんぶり1杯のこげは食べられないですものね。



胃がんの原因は99%ピロリ菌なのです。
そして、日本人の2人に1人は、ピロリ菌に感染していると
言う事実があります。


ピロリ菌を保有していると、慢性胃炎や胃潰瘍を発症し、
胃がんを発症する可能性があるそうです。

そして、ピロリ菌に感染している年代は次のようになっています。
ipuku-1.jpg

40代以上の年齢層の方は、上下水環境の整備されていない時代
井戸水などを飲んでいた世代は要注意!!


そして、ピロリ菌は、家族内で感染するのです。

ピロリ菌を保有した、両親や祖父母が、お子さんや
お孫さんに、口移しで食べ物を与えることから、感染していきます。

5歳までの、免疫力の低い年代が特に感染しやすいそうです!


まずは、自分がピロリ菌を保有しているかどうかを知ることが
大切ですね!

ピロリ菌の検査の詳細は?



早期胃癌検診協会 理事 榊 医師にお伺いします。
早期胃癌検診協会 理事
榊  信廣   医師


ピロリ菌の検査は、主に消化器内科で受けることができます。

検査方法


  • 内視鏡検査
  • 尿素呼気検査
  • 血液検査


この中で
一番簡単なのは、血液検査で費用は約5000円。
(初診料。問診量を含む。早期胃癌検診協会の場合)

血液研でのピロリ菌の発見率も95%と高く、
検査時間も5分くらいだそうです。


ピロリ菌は完全に除菌できる?



ピロリ菌に感染していることが分かった場合
抗生物質で除菌します。


★一次除菌
1週間抗生物質を飲みます。
 第一次除菌では75%の人が除菌できます。

★二次除菌
また、1週間別の抗生物質を飲みます。
 これでほとんどの人が完全に除菌ができます。


一次除菌で除菌できないのは、人によって
抗生物質がきかない場合があるからだそうです。

二次除菌では、別の抗生物質で除菌をします。


まず自分がピロリ菌に感染しているかを知ることが

一番の予防策ですね!


ピロリ菌検査の保険適用について



去年からは慢性胃炎とか軽い状態で保険適用で
治療できることになりました。

【保険適用のルール】

内視鏡検査で慢性胃炎と診断

ピロリ菌に感染していた場合

除菌に健康保険が適応される


毎日できるピロリ菌の対策に効果的な食材は?



毎日簡単にできる、ピロリ菌対策として
ブロッコリースプラウトが紹介されました。

ブロッコリーの新芽のブロッコリースプラウトには
抗酸化作用・解毒作用を高めるスルフォラファンが
含まれています。

このスルフォラファンが、ピロリ菌対策に効果があると
いわれています。

ブロッコリースプラウトは、がん予防に効果があると
いわれ、最近、人気上昇中の野菜ですね!

芽の状態に一番たくさんのスルフォラファンが、含まれているので
生のままサラダで食べるのがオススメです。

1週間に、50グラムの量を食べると効果があるといわれています。

ブロッコリースプラウトは簡単に栽培できますね♪



スポンサードリンク